波瑠の美人ギャル時代の画像まとめ!クールで頼れるオトコマエキャラだった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
波瑠 ギャル時代 画像 芸能人・有名人
スポンサーリンク

女優の波瑠さんは、黒髪ショートヘアで清楚なイメージですが、波瑠さんにもギャル時代があったようです。

その波瑠さんのギャル時代が美人!と話題になっています。しかも当時はクールで頼れるオトコマエキャラと言われていたようです。

今回は、波瑠さんのギャル時代の画像や、当時クールで頼れるオトコマエキャラと言われていた理由について紹介します。

 

波瑠の美人ギャル時代の画像まとめ!

波瑠 ギャル時代 画像

引用:Twitter

現在の波瑠さんは、ショートカットの黒髪で、すごく清楚なイメージの女優さんです。

そんな波瑠さんですが、実はギャル時代があったそうですが、本当なのでしょうか?

波瑠さんがギャル時代だったのは、今から15年ほど前にさかのぼります。

波瑠さんは、小学生の頃にイジメを受けたことで、学校に行きたくなくなり、学校に行かなくていいために芸能人になろうと思ったそうです。

2004年の中学1年生の時、プロモーションビデオのオーディションに応募していますが、その時にスカウトされて芸能界に入りました

その後、ドラマなどに出演していましたが、2007年5月からファッション雑誌『セブンティーン』の専属モデルとして活動するようになりました。

また、その時の波瑠さんは、『南波瑠』(みなみはる)という名義で活動していました

波瑠 ギャル時代 画像

引用:asunaro-.mogusa.jp

雑誌『セブンティーン』では、波瑠さんの特集ページが組まれることも!

波瑠 ギャル時代 画像

波瑠 ギャル時代 画像

波瑠 ギャル時代 画像

波瑠 ギャル時代 画像

貴重な菅田将暉さんとのデート風ショットも!

菅田将暉さんはまだ幼さが残っていて可愛いですね!

波瑠 ギャル時代 画像

『セブンティーン』で波瑠さんは何度も表紙を飾っています。

それにしても、ロングヘアの波瑠さんは、現在の波瑠さんとは印象がずいぶん違いますね

その時、波瑠さんは16歳位ですが、波瑠さんがギャル時代と言われている時期は、当時の16歳~18歳の頃です。

その頃は、茶髪にしたロングヘアでメイクも濃い目にしていました。

当時の波瑠さんのイメージは、頼りになる姉御的な存在で、読者の他のモデルやスタッフから信頼されていたそうです。

確かに、今の清楚なイメージの波瑠さんとは違い、髪も茶髪のロングヘアでギャル風のメイクです。

波瑠 ギャル時代 画像

引用:ガールズちゃんねる

それにしても、ロングヘアと濃い目のメイクで別人のように見えますね!

波瑠さんが、ショートカットにしたのは、21歳頃でした。

波瑠さんがショートカットにした理由は、『non-no』の編集長から「髪をショートにしてイメチェンしていみたら?」と言われたことで、マネージャーの反対を押し切って、長い髪を切ったそうです。

そして、髪をショートカットにした途端、仕事が増えてきたといいますから不思議ですね。

今の清楚な波瑠さんもいいけれど、ギャル時代の波瑠さんもいいという人もいます。

波瑠が美人ギャルロングヘア時代に出ていたドラマは?

波瑠 ギャル時代 画像

引用:Ameba

波瑠さんは2004年に芸能界に入っていますが、最初の頃はセリフのないような脇役が多かったそうです。

波瑠さんのギャル時代はというと、17歳~21歳なのですが、その頃は茶髪のロングヘアでした。

以下に波瑠さんのギャル時代の出演ドラマと出演映画を紹介します。

ドラマ『対岸の彼女』

波瑠 ギャル時代 画像

引用:Twitter

このドラマは2006年1月5日に放送された、波瑠さんの初出演ドラマで、波瑠さんは野口魚子(多部未華子さん)の妹役を演じました。

当時は、役柄的にも目つきの悪いブスといわれていました。

連続ドラマ『14歳の母』

波瑠 ギャル時代 画像

引用:Twitter

このドラマで波瑠さんは、連続ドラマでの初出演を果たしています

『14歳の母』は、未成年の妊娠と出産をテーマにしたドラマで、高視聴率から予定の10話のところを1話追加されて11話となりました。

当時まだ15歳だった波瑠さんは、さすがに派手なメイクではありませんが、キリッとした美少女の制服姿が印象的でした。

映画『だからワタシに座らせて。通勤電車で座る技術』

波瑠 ギャル時代 画像

引用:Ameba

この映画は波瑠さんにとって初の出演映画で、2006年10月7日に公開され、波瑠さんは愛役で出演しました。

この映画に出演した時の波瑠さんは、まだ15歳でセミロングでした。

愛扮する波瑠さんは、前の吊り革につかまったお姉さん(田村英里子さん)に、向かって言ったセリフは「おばさ~ん、きもいわ。バッグもダサいし…」でした。

映画『恋空』

波瑠 ギャル時代 画像

引用:www.pinterest.jp

2007年11月3日に公開されたこの映画では、波瑠さんは主演の田原美嘉(新垣結衣さん)の親友である亜矢役を演じました

波瑠さんは、今のイメージとは真逆といっていいほど、派手で目立った美人の役どころを上手に演じました。

映画『恋のポロロン』

波瑠 ギャル時代 画像

引用:国内ドラマ映画トピックス24

2007年に公開されたこの映画で、波瑠さんは初めて果歩役として映画初主演を果たしました

この時、16歳だった波瑠さんは、ロングヘアが似合う16歳とは思えない大人っぽい表情を見せていました。

16歳で映画初主演ですから、将来性があったことが伺われますね。

ドラマ『すみれ♡16歳』

波瑠 ギャル時代 画像

引用:バンダイチャンネル

2008年4月から放送されたこのドラマで、波瑠さんは桐生あけび役で出演していました。

桐生あけびは、極道一家の娘で裕福な家庭に育ったためか、物事を賭け事にからめたり、気が強くて喧嘩っ早い役柄でした。

役柄的には、今の波瑠さんとイメージが重なりませんが、そこも面白いですね。

波瑠はクールで頼れるオトコマエキャラだった?

波瑠 ギャル時代 画像

引用:えんためぽけっと

波瑠さんがギャル時代といわれていた、16歳~20歳の頃はセブンティーンの専属モデルとして活動していました。

その頃の波瑠さんのイメージは、頼れるオトコマエキャラだったそうです。

波瑠さんには過去にいじめられていたことがあったそうで、それ故に正義感が強く、姉御肌でオトコマエと言われていたのですね。

雑誌『セブンティーン』での波瑠さん特集で、「自分を漢字1字で表すと?」との問に、

『芯』と答えていた波瑠さん。理由は、

「芯の1本通った女でありたいから。あと『心』ってつく漢字が好き。」

と理由をかたっていました。

芯の強さが感じられる姉御肌タイプのオトコマエ波瑠さんがかっこよすぎますね!

まとめ

今回は、波瑠さんのギャル時代の画像や、出演したドラマや映画について紹介しました。

・波瑠さんはセブンティーンの専属モデルをしていた時にギャル風にしていた
・ギャル時代は、茶髪のロングヘアに濃い目のメイクだった
・ギャル時代は、クールで頼れるオトコマエキャラだった

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました