桂田精一はバツイチで再婚妻と子供は何歳?父親の桂田鉄三は元斜里町議会議員で権力者だった!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
桂田精一 家族 事故
スポンサーリンク

この記事では、知床遊覧船のKAZU1の事故によって有名になった、桂田精一さんの家族について調べました。

また、桂田精一さんがバツイチで、父親が元斜里町議会議員で権力者だったことなどを紹介します。

桂田精一はバツイチだった!

桂田精一 家族

引用:産経ニュース

2022年4月23日、知床遊覧船のKAZU1が沈没事故を起こしました。

その運行会社の社長である桂田精一さんは実はバツイチであり、現在の嫁は韓国人だという噂があります。

さらには、出産したばかりの子供がいるという噂まで浮上しています。

それら、桂田精一さんがバツイチだという噂は本当なのでしょうか?真相を見ていきます。

結論からいえば、桂田精一さんがバツイチというのは本当で、約10年ほど前に最初の嫁と離婚していることが分かりました。

桂田精一 家族

引用:トレンド24

桂田精一さんが離婚したのが10年前ですから、48歳位のときだったのですが、離婚の原因が桂田精一さんがお金にだらしなかったからだといわれています。

ただ、どんなふうにだらしなかったのかなど、詳しいことは不明ですし、一時は多額の借金があったという噂もあります

ですから、金銭トラブルによって離婚したのかもしれませんが、これらはあくまで推測に過ぎません。

そして、離婚した元嫁との間に子供がいたのかどうかも不明です。

桂田精一さんは、1963年6月29日生まれですから、現在58歳(2022年5月現在)になります。

そして、今(2022年5月)から3年前の2018年6月に現在の嫁と再婚しているのですが、その時、桂田精一さんは55歳でした。

年齢がかなり下だと言われている今の嫁との馴れ初めについても、気になるところですが、詳しいことは分かっていません。

桂田精一さんが社長を務める『しれとこ村』や『知床遊覧船』の経営状況が悪化した時期があったようですが、その後の安定した時期に知り合ったのかもしれませんね。

嫁が韓国人ではないかという噂の原因として、桂田精一さん自身が韓国人ではないかという噂があるようです。

桂田精一 家族

引用:ダイヤモンド・オンライン

その真相も不明なのですが、そうした関連から嫁も韓国人ではないかと噂されたようです。

ただ、この噂も根拠になる情報がなく、単なる噂に過ぎない可能性が高いようです。

桂田精一さんが55歳で再婚したときは、デキ婚だったことが分かっています。

その子供は女の子で、2019年4月23日生まれですから、現在3歳(2022年5月現在)だということが分かります。

3歳といえば、一番可愛い盛りだと思われますが、今回の事故で犠牲になった加藤七菜子ちゃんも同じ3歳でした。

https://twitter.com/5HLove61067626/status/1521058628387872770?s=20&t=lsEwTYRqt47jnE2gFWgqkg

このことについて、桂田精一さんはどう思っているのでしょうか?

もし自分の娘がこうした事故の犠牲者になったなら、そして、もしその原因が人災だと知ったらどんな心境になるでしょうか?

また、桂田精一さんには長女が生まれたあと、2022年4月に2人目の子供が誕生しています。

2人目が女の子なのか男の子なのか、性別までは分かっていませんが、生まれたばかりであることは間違いありません。

本当ならば喜ばしい出来事なのですが、今の桂田精一さんにとってはKAZU1の事故によってそれどころではないでしょう。

桂田精一の再婚妻と子供は何歳?名前や顔画像は?

桂田精一 家族

引用:Yahoo!ニュース

再婚した桂田精一さんの奥さんは、何歳くらいなのでしょうか?

桂田精一さんを知る斜里町の住人の話では、「奥さんは社長より20歳くらい若い」ということです。

ですから、現在58歳の桂田精一さんの20歳ほど年下ということは、38歳くらいということになります。

また、以下のようなツイートがありました。

Twitterの中に、20歳年下の美人妻(38歳)と書かれています。

しかし、その嫁の顔など、詳しい情報は残念ながらありませんでした。

また、3歳になる長女の名前も不明ですし、画像もネット上でも探すことができませんでした。

事故当日の記者会見で「病院にいた」と話していましたが、その時北見赤十字病院に2人目の子供を出産した嫁を迎えに行っていたことがその後分かりました。

ですから、2人目の子供は4月23日よりも少し前に産まれていることになります。

桂田精一の父親・桂田鉄三は元斜里町議会議員で権力者だった!

桂田精一 家族

引用:Basement Picks

ところで、桂田精一さんの父親は地元でも有名な権力者だったといわれています。

桂田精一さんの父親は、名前を桂田鉄三といい現在87歳で、元斜里町議会議員だったことが分かりました。

桂田精一 父親

また、桂田鉄三さんは2003年に無所属で町議会議員に当選したあと、2019年まで議員を務めています。

2019年の84歳のとき、町議会議員選挙に現職で立候補したものの落選しています。

しかし、2003年から2019年まで16年間という長い間、町会議員を務めていますから、斜里町の権力者ということになるでしょう。

桂田精一 家族

引用:HAPPY SMILE

現在の社長である桂田精一さんが経営する『しれとこ村』は、父親である桂田鉄三さんが、1996年に設立して現在はオーナーとなっています。

ですから、現在の桂田精一さんが2代目ということになります。

現在は『しれとこ村』のオーナーとなった桂田鉄三さんは、以前から観光船を持ちたいと思っていたそうです。

桂田鉄三さんは、『しれとこ村』の経営だけでなく、不動産業やホテル経営、そして飲食業などかなり手広く仕事をしていました。

さらに、桂田鉄三さんは遠音別神社の宮司をしているのですが、こちらは現役で活躍しているようです。

最近でも、流氷の到来を願う『オホーツク流氷祈願祭』の神事を行ったそうです。

桂田精一 家族

引用:アメマブログ

桂田鉄三さんは、何でも手広くやってきた人物のようですね。

しかし、今回のKAZU1の事故については、かなり心を痛めているのではないでしょうか?

まとめ

今回は、知床遊覧船のKAZU1の事故によって注目されるようになった桂田精一さんの家族について調べました。

桂田精一さんがバツイチであることや、父親が元斜里町議会議員で権力者だったことなども紹介しました。

・桂田精一さんはバツイチであり現在の嫁との間に2人の子供がいる
・嫁や子供の名前や画像はない
・桂田精一さんの父親は桂田鉄三といい元斜里町議会議員をしていた権力者

知床遊覧船のKAZU1が事故を起こしたことで有名になった社長の桂田精一さんについては、当然ながら事故の責任を問われそうですね!

知床観光船KAZUⅠが沈没した理由!船首の亀裂を修理していないのが原因だった?
2022年4月23日に起きた、知床観光船「KAZUⅠ」(カズワン)の遭難事故で、知床観光船「KAZUⅠ」はなぜ沈没したのか、調査しました。
知床観光船はなぜ出港した?天候状況を無視して強行した理由がヤバい!
2022年4月23日、北海道の知床観光船「KAZUⅠ」(カズワン)が消息不明となった事故。 当日の天候は、地元の漁師も引き上げるほど風が強く天候が悪かったそうで、なぜそんな悪天候の中、知床観光船「KAZUⅠ」は出港したのか調べてみました。
桂田精一と小山昇の関係は?知床遊覧船やホテルの経営指導を受けていた!
知床遊覧船の遭難事故により、桂田精一社長の経営方針が問題視されていますが、桂田精一社長と小山昇さんはどんな関係にあったのでしょうか? また、小山昇さんは桂田精一社長にどんな経営に関する指導をしていたのかも紹介します。
知床遊覧船KAZU1は元ほうらい汽船ひかり8号で特定!1985年製の瀬戸内海仕様だった?
この記事では、事故を起こした知床遊覧船のKAZU1が、瀬戸内海仕様の元ほうらい汽船8号だったという噂の真相を調査しました。 また、この船がいつ事故を起こしても不思議でないボロ船だったことも紹介します。 知床遊覧船KAZU1は元ほうら...
タイトルとURLをコピーしました