知床遊覧船KAZU1は元ほうらい汽船ひかり8号で特定!1985年製の瀬戸内海仕様だった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
知床遊覧船 KAZU1 事故
スポンサーリンク

この記事では、事故を起こした知床遊覧船のKAZU1が、瀬戸内海仕様の元ほうらい汽船8号だったという噂の真相を調査しました。

また、この船がいつ事故を起こしても不思議でないボロ船だったことも紹介します。

知床遊覧船KAZU1は元ほうらい汽船ひかり8号で特定!

知床遊覧船 KAZU1

引用:知床遊覧船

2022年4月23日、知床遊覧船(KAZU1)の浸水事故が、運航判断のミスを問われています。

そんなKAZU1は、元ほうらい汽船ひかり8号という40年前の船だったといわれていますが、本当なのでしょうか?

もし、その話が本当だったとしたら、ほうらい汽船ひかり8号は40年前に瀬戸内海で使用されていた船になります。

知床遊覧船のKAZU1が、元ほうらい汽船ひかり8号ではないかという噂が広まったのは、ネット上に投稿した人がいたからでした。

知床遊覧船 KAZU1

引用:ふなむしのページ(ほうらい汽船ひかり8号)

上の画像は元ほうらい汽船ひかり8号ですが、形はKAZU1とほぼ同じですね。

その投稿者は、実際に瀬戸内海の島に住み、船にかかわる仕事をしていた人だそうです。

この投稿内容からすると、KAZU1は元ほうらい汽船ひかり8号であった可能性が高いでしょう。

知床遊覧船KAZU1は1985年製の瀬戸内海仕様だった!

知床遊覧船 KAZU1

引用:NEWSポストセブン

知床遊覧船のKAZU1は、やはり瀬戸内海仕様だったのでしょうか?

さらなる証拠がでてきました。

この朝日新聞デジタルのTwitterからすると、KAZU1はもともとは瀬戸内仕様の船で広島県三原市にある三原港と10km先の沖合にある生口島(片道30分)を結んでいる定期航路として使用されていたことが分かります。

KAZU1は、1985年に山口市の造船所で作られ、本当に瀬戸内海の穏やかな海を島民たちが普通に使用していたそうです。

さらに、2021年6月16日のネット上の書き込みには、『KAZU1』が漁港近くの浅瀬に乗り上げた時、「その船が元ほうらい汽船の『ひかり8号』だと思います。」といった投稿がありました。

こうした書き込みから推測すると、KAZU1は元ほうらい汽船ひかり8号であることはほぼ間違いないでしょう。

知床遊覧船 KAZU1

引用:フォートラベル

次にKAZU1が、ほうらい汽船ひかり8号として運航していた頃の、瀬戸内海の様子が分かる記事を次に紹介します。

観光船『KAZU1(かずわん)』が、もともと波の穏やかな瀬戸内海の平水区域で使う旅客船として40年近く前に建造されていたことが、船の所有者を記した書類や関係者の話などからわかった。波の高い海域にむけての改造がされていたとみられるが、当時を知る関係者は「瀬戸内海仕様の船をよく知っていたなと思う」と驚いた。
引用:朝日新聞

ほうらい汽船ひかり8号はもともと瀬戸内海の穏やかな海上を走っていたことになりますね。

一方、今回の事故の現場となったウトロ港~知床岬は3時間以上かかるうえに、慣れていても船酔いするほど波が高い場所だったことが分かります。

また、専門家によると、元ほうらい汽船ひかり8号は構造上波高3mの波に耐えられる船ではなかったということです。

海難事故に詳しい東海大学の山田吉彦教授は、「19tの観光船が波の高さ3mで出港するのは通常ならば考えられない。船酔いがすごくて観光どころではないとコメントしています。

海難事故に詳しい教授が、当日の遊覧船の出港が一般的に考えられないことだというのですから、KAZU1の出港がいかに常識を度外視した行動だったかが分かります。

知床遊覧船KAZU1はいつ沈んでもおかしくないボロ船だった!?

知床遊覧船 KAZU1

引用:スポニチ

知床遊覧船のKAZU1が元ほうらい汽船ひかり8号であり、40年も前に製造された船であったとしても、しっかりとメンテナンスしていれば問題ないのではないでしょうか?

しかし、このKAZU1は古い船というだけではなく、実際にボロ船だったといわれています。

そして、地元の住民からは「いつか事故を起こすのでは?」と心配されていたといいます。

そのことを証拠付けるような、運営会社のことをよく知る人から、次のようなSNSの投稿がありました。

知床に住んだことがあるから、運営会社のことはよく知っている。結構前からボロい船だったからもうこの船はダメだと、ちらほら聞いたことがある。結局利益を追求して、安全管理を怠り設備投資をケチってボロい船で運航し続けた結果、最悪の事態を招いたんだろうね。お金よりも優先すべきは人の命です。
引用:Twitter

運営会社は、KAZU1が40年前の船にも関わらず、ほとんど設備投資をせず、メンテナンスを怠っていたことも考えられます。

実際にKAZU1の乗客たちは、この船がそんな状態の船だったとは思っていなかったのではないでしょうか?

100%安全を保証されての運航だと、信じていたに違いありません。

また、KAZU1とは違う運行会社の男性が、当時の様子を説明していました。

その男性は、当日海が荒れてくるのが分かっていたから「行ったらだめだぞ」と言ったそうです。

しかし、その時「はい」とは言っていたようですが…助言を無視した形となりました。

また、KAZU1は昨年の6月にも、ウトロ漁港を出港後に浅瀬に乗り上げるという事故を起こしていました。

知床遊覧船 KAZU1

引用:ハフポスト

その男性によると、そのときに船体に亀裂が入っていて、そこから海水が侵入した可能性もあると語りました。

確かに画像を見ても『KAZU1』の横に亀裂のようなものが確認できますね。

KAZU1は、浅瀬に乗り上げたあとも、船の修理をしていなかったのではないかと言及しました。

ただ、4月25日に放送された『グッドモーニング』での専門家の話では、「あの場所に亀裂が入ってエンジンが停止するとは考えづらいので、その傷よりもエンジンが停止して流されたと考えられる

そうした専門家の証言から、座礁したときの傷が原因で事故が起きたわけではなさそうですが、いずれにしても、ずさんな運航をしていたのは間違いないようですね。

まとめ

今回は、事故を起こした知床遊覧船のKAZU1が、実は瀬戸内海仕様の元ほうらい汽船8号だったことについて紹介しました。

・KAZU1は瀬戸内海仕様の元ほうらい汽船8号だった
・KAZU1はいつ事故を起こしてもおかしくないようなボロ船だった
・KAZU1は当日周囲の助言を聞かずに出港している

知床遊覧船の事故は、まさに“人災“と呼べる証拠が次々に上がっています。

タイトルとURLをコピーしました