生コン工場の生き埋め事故で安全帯は使用していなかった?人的ミスの可能性を調査!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生コン 転落 安全帯 人的 ニュース
スポンサーリンク

2021年12月14日の午前10時ごろ、奈良県生駒市南田原町にある生コン工場内のサイロに、作業中の70代の男性作業員2人が、サイロ内に転落しました。

2人は午後5時50分頃に救出されたそうですが、その後死亡が確認されました。

事故当時、2人は安全帯などつけていない状態だったのでしょうか?

詳しく調査してみました!

 

生コン工場生き埋め事故の概要

生コン 生き埋め 人的

引用:Yahoo News

2021年12月14日、奈良県生駒市南田原町にある生コン工場内で、2人の男性作業員がサイロ内に転落するという事故が起きました。

 14日午前10時15分頃、奈良県生駒市南田原町の生コンクリート製造会社「奈良生駒生コン」のサイロ(高さ約10メートル、直径約5メートル)内で、はしごの取り付け作業をしていた70歳代の男性2人が転落し、砂の中に埋まった。
引用:Livedoor News

サイロとは、生コンを製造する材料である骨材サイロを貯蔵する施設のことだそうです。

生コンの中に転落したわけではないのでしょうか?

転落したのは、70代の高齢の作業者2名のようです。

2人は、事故発生から7時間以上経過後、救出されましたが意識不明の状態だということです。

10メートルもある高所での作業で、2人は安全帯などつけていない状態だったのでしょうか?

生コン工場の生き埋め事故で安全帯は使用していなかった?

事故現場は、奈良県生駒市南田原町にある工場「奈良生駒生コン株式会社」で起こりました。

死亡した2人の作業員は明らかな高所作業をしていたようですが、2人は安全帯を使用していなかったのでしょうか?

6.75m以上の高さで作業する場合、ハーネス安全帯の使用が義務付けられています。

しかもこのような足場が困難な作業に、70代の高齢者2人が対応していたというのに驚きです。

作業に問題はなかったのでしょうか?

なぜ転落?生き埋め事故は人的ミスの可能性も?

生コン 転落 安全帯 人的

もし、安全帯着用の義務を怠っていたのならば、これは防げた事故だったのかもしれません。

なぜ転落したのか?

ここをきちんと捜査する必要があると思います。

危険が伴う作業では、きちんとルールに乗っ取り安全確認が必要ですが、今回の事故はちゃんと守れていたのでしょうか。

安全装備の義務を怠っていた場合は、業務上過失致死罪

70代高齢者の2人が犠牲になってしまうというとても悲しい事故になってしまいました。

転落死事故は以前にもあった!?

「奈良生駒生コン株式会社」では、2021年8月にも外注先の男性作業員が高所作業中に転落死する事故が起きていたのだそうです。

半年に2度も高所作業中の転落事故死があるのは、この会社の安全性を疑いますね。

しっかりと捜査をしていただきたいですね。

ネットの反応は?

https://twitter.com/Parucoon599/status/1470706578227867655?s=20

まとめ

奈良県生駒市南田原町にある生コン工場内で起きた転落事故についてまとめました。

大変悲しい事故となりました。このような事故が少しでも少なくなることを祈っています。

お二人のご冥福をお祈りいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました