知床観光船KAZUⅠが沈没した理由!船首の亀裂を修理していないのが原因だった?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
知床観光船 沈没理由 事故
スポンサーリンク

2022年4月23日に起きた、知床観光船「KAZUⅠ」(カズワン)の遭難事故。

報道によると、船が沈みかかっているとの118番通報から、海上保安庁の船が現場に到着したときには、既に「KAZUⅠ」の姿は見つけられなかったそうです。

乗員・乗客合わせて26人が乗っていたそうで、その内2人は子供だということです。

知床観光船「KAZUⅠ」はなぜ沈没したのか、調査しました。

知床観光船KAZUⅠの遭難事故の経緯

まず2022年4月23日に起こった知床観光船「KAZUⅠ」の遭難事故の経緯です。

午前10時にウトロ港を出港
 ↓
午後1時15分「KAZUⅠ」の乗組員から「船首から浸水して沈みかかっている」と救助要請
 ↓
午後2時頃「船首が30度ほど傾いている」と運行会社に伝える
 ↓
(その後「KAZUⅠ」から連絡が途絶える)
 ↓
午後4時半頃ヘリや船数台が現場に到着するも、「KAZUⅠ」の姿を見つけられず

事故現場は北海道知床半島のカシュニの滝付近で、「KAZUⅠ」を運航する知床遊覧船によると、「KAZUⅠ」は北海道斜里町のウトロ港を出港し、知床岬付近まで航行した後、ウトロ港に戻る途中だったということです。

知床観光船 沈没

引用:NHK

午後4時頃、捜索のためのヘリや船が現場付近に到着したものの、「KAZUⅠ」の姿が見つけられなかったといいます。

知床観光船 KAZU1

知床遊覧船HPより「KAZUⅠ」

小型船舶なので、救命ボートを積めるようなスペースはなさそうです。

連絡が途絶える前に乗組員が「エンジンが止まっていて、自力で航行できない」と話していたことがわかっています。

「船首が30度ほど傾いている」ということは、その後かなり早い時間で「KAZUⅠ」は沈没してしまった可能性が高いように思われます。

知床観光船KAZUⅠが沈没した理由は?

知床観光船 沈没理由

事故当日の「KAZUⅠ」 引用:北海道放送

知床観光船「KAZUⅠ」が沈没した理由は何だったのでしょうか?

沈没した理由を調査してみました。

1.ヒビが入っていた船首の亀裂を修理していなかった?

知床観光船 沈没理由

KAZUⅠ 引用:NHK

報道によると、知床遊覧船が所有する観光船「KAZUⅠ」は、2021年に2度事故を起こしておりその際に、船首にヒビが入っていたそうです。

関係者によると、その船首のヒビを修理していなかったのでは?という話も。

もしそうであればヒビから何らかの理由で入水し、最終的に沈没してしまったのかもしれません。

2.現場付近は暗礁があり危険な場所だった

知床観光船 沈没

カシュニの滝

事故現場は北海道知床半島のカシュニの滝付近で、このあたりは暗礁が多くとても危険な場所なのだそうです。

知床岬付近まで航行した後、ウトロ港に戻る途中だったようですが、観光客にカシュニの滝を近くで見せようと陸地によりすぎて座礁してしまった可能性があります。

3.悪天候の中、強行して1隻で出港した

知床観光船 沈没

引用:NHK

事故当時は風も強く波も3メートルとかなり悪天候で、地元の漁師さんもその日は午前中で船を引き上げていたそうです。

午後に海が荒れるのがわかっていた地元の別の観光船の乗組員が、「KAZUⅠ」の船長に「行くな」と止めていたそうですが、船長は返事をしたものの、そのまま出港してしまったようです。

他の漁船や観光船が近くにいたら、すぐに救助ができていたかもしれませんが、事故当時はおそらく「KAZUⅠ」1隻だけで出港していたのではないでしょうか。

知床観光船KAZUⅠが沈没した理由!座礁したのではなく船の故障が原因?まとめ

2022年4月23日に起きた、知床観光船「KAZUⅠ」(カズワン)の遭難事故で、知床観光船「KAZUⅠ」はなぜ沈没したのか、調査しました。

理由としては下記3つが考えられますが、明らかな理由はまだ発表されていません。

1.ヒビが入っていた船首の亀裂を修理していなかった可能性
2.現場付近は暗礁があり危険な場所だった
3.1隻で強行して出港してしまった

北海道道東エリアの悪天候という、救助も難航する状況ですが

乗員・乗客の方全員が一刻もはやく見つかることを祈っています。

タイトルとURLをコピーしました